imageトレンド検索結果


X
Xは、ラテン文字(アルファベット)の24番目の文字。小文字は x 。 ギリシア文字のΧ(キー/ヒ/カイ)に由来するが、ラテン文字としての発音は、/ks/ がギリシア西方方言でΧと書かれたことによる。標準ギリシャ語のΧの音写にはchやkhが用いられる。なお、ギリシア文字のΞ(クシー)の音写にXが使われることがある。キリル文字のХと同系である。 英語ではXで始まる単語は最も少ない。 その他の用法のXについては、当項内の「Xの意味」の節や「関連項目」の節を参照のこと。 字形 2本の斜線を交差させた形である。大文字と小文字は同形である。筆記体では、右下がりの線だけを書いておいてからあとで左下がりの線を書くか、左半分を書いてから筆を離して右半分を書く(このとき、交差する部分は角張らずに丸くなる)。フラクトゥールは\mathfrak{X\ x}。 呼称 拉・伊・仏・独・蘭: イクス (ics, iks) エス: イクソ (ikso) 英・印尼・瑞: エクス 西: エキス (equis) 葡: シース日本ではエックスと呼ぶことが多い。
Xenogears
『ゼノギアス』より : 『ゼノギアス』(Xenogears)は、1998年2月11日にスクウェア (現スクウェア・エニックス) から発売されたPlayStation用RPG。正式なジャンルは「新世代サイバネティックRPG」。 『ゼノギアス』は同社の『ファイナルファンタジーVII』(以下FFVII)とほぼ同時期に開発がスタートしたためか「裏FFVII」とも呼ばれる。FFVIIが採った、フルポリゴンによるキャラクターとプリレンダリングCG による一枚絵の背景とは正反対の方式を取ったためとも言われている。 テレビコマーシャルでは「聖剣伝説が出ない理由、ファイナルファンタジーとは異なる可能性、そして ゼノギアス」というキャッチコピーも使われた。ちなみにFFVII本編でクラウドが魔晄中毒になっている時、「百億の 鏡のかけら 小さな灯火 とらわれた 天使の歌声 ゼノギアス」と呟くシーンがある。このイベントを担当したのは途中でFFVIIの開発に加わった加藤正人。 また、『ゼノギアス』のストーリーには、元々FFVII製作初期段階に複数存在していたストーリー原案のうちの一つの要素を含む事でも有名である。
X68000
X68000(エックス ろくまんはっせん)シリーズは、1987年3月28日にシャープが発売したパーソナルコンピューター(パソコン)。 本項目では昭和62年(1987年)に発売された初代X68000(型名CZ-600シリーズ)と、平成5年(1993年)に発売された後継シリーズのX68030(型名CZ-500 / CZ-300シリーズ)をあわせて記述する。 昭和62年(1987年)にシャープが発売した16ビットパソコン(「パーソナルワークステーション」を呼称)。略称はX68K、ペケロク、ロクハチ、ロッパー、ペケロッパなど。また、後に発表された32ビット版のX68030シリーズと併せ、X680x0と表記されることもあった。 1980年代後半から1990年代前半にかけて、NEC・PC-9801シリーズ、富士通・FM TOWNSシリーズに次いで、ホビーパソコンの一角を担った。日本のホビーパソコンCPUにモトローラのMC68000を採用した機種は、他に発売されなかった。販売台数は1991年9月の時点で13万台。 標準のオペレーティングシステム(以下OS)だったCUIのHuman68k、およびGUIのSX-Windowは、後にユーザーコミュニティに対してフリーで公開された。
X68030
『X68000』より : X68000(エックス ろくまんはっせん)シリーズは、1987年3月28日にシャープが発売したパーソナルコンピューター(パソコン)。 本項目では昭和62年(1987年)に発売された初代X68000(型名CZ-600シリーズ)と、平成5年(1993年)に発売された後継シリーズのX68030(型名CZ-500 / CZ-300シリーズ)をあわせて記述する。 昭和62年(1987年)にシャープが発売した16ビットパソコン(「パーソナルワークステーション」を呼称)。略称はX68K、ペケロク、ロクハチ、ロッパー、ペケロッパなど。また、後に発表された32ビット版のX68030シリーズと併せ、X680x0と表記されることもあった。 1980年代後半から1990年代前半にかけて、NEC・PC-9801シリーズ、富士通・FM TOWNSシリーズに次いで、ホビーパソコンの一角を担った。日本のホビーパソコンCPUにモトローラのMC68000を採用した機種は、他に発売されなかった。販売台数は1991年9月の時点で13万台。 標準のオペレーティングシステム(以下OS)だったCUIのHuman68k、およびGUIのSX-Windowは、後にユーザーコミュニティに対してフリーで公開された。
XIII機関
XIII機関(じゅうさんきかん、”Organization XIII”)は、スクウェア・エニックスのコンピュータゲーム『キングダム ハーツ シリーズ』に登場する組織である。キャラクターデザインは野村哲也による。
なお、この項目ではノーバディ(”Nobody”)についても併せて記述する。
キングダム ハーツ#キングダム ハーツ ファイナル ミックス キングダム ハーツ ファイナル ミックス (KHFM)
キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ (COM)
キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ#キングダム ハーツ Re:チェイン オブ メモリーズ キングダム ハーツ Re:チェイン オブ メモリーズ (Re:COM)
キングダム ハーツII (KH2)
キングダム ハーツII#キングダム ハーツII ファイナル ミックス+ キングダム ハーツII ファイナル ミックス+ (KH2FM)

XIG
『ウルトラマンガイア』より : 『ウルトラマンガイア』(ULTRAMAN GAIA)は特撮テレビドラマと、その劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前である。 制作は円谷プロダクション及び毎日放送。1998年(平成10年)9月5日より1999年(平成11年)8月28日まで全51話が毎週土曜日18:00 - 18:30にTBS系で放映された。なお、テレビ山口では夏休み等に集中放送、その他一部系列局では17時台に遅れネットしていた。 2008年1月6日から2009年3月15日までTBSチャンネルで放送された。 放映直前当時のキャッチフレーズは『正義の味方か、悪魔の使者か。』 劇場版、OV作品については以下参照。 劇場版『ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦』(1999年公開) OV『ウルトラマンガイア ガイアよ再び』(2001年リリース) 『ウルトラマンティガ』や『ウルトラマンダイナ』に続く、平成に入ってから製作されたウルトラマンのテレビシリーズ第3作目。
XXXHOLiC
『XXXHOLiC』(ホリック)、または『×××HOLiC』は、CLAMPによる日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメなどの作品。 メディアミックス作品では『xxxHOLiC』の表記も用いられる。 対価さえ払えばどんな願いも叶うミセの主人の元に、様々な悩みを抱えた客が次々と訪れるという非日常的な世界観で、人間の内面を描くオカルトファンタジー漫画。タイトルのholicは、英語で中毒を意味する。 作画は男性キャラクターを猫井椿が、女性キャラクターをもこなが担当している。 『週刊ヤングマガジン』で2003年13号から2010年16号まで連載された後に『別冊少年マガジン』へ移籍し、2010年7月号より2011年3月号まで連載された。2009年9月14日発売の『週刊ヤングマガジン』42号から『xxxHOLiC・籠』(ホリック・ロウ)と改題した。 2012年12月2日には名古屋にて開催されたCLAMP FESTIVAL 2012で続編となる『xxxHOLiC・戻』(ホリック・レイ)が発表され、『週刊ヤングマガジン』で2013年14号から連載が開始された。
XxxHOLiC
『XXXHOLiC』より : 『XXXHOLiC』(ホリック)、または『×××HOLiC』は、CLAMPによる日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメなどの作品。 メディアミックス作品では『xxxHOLiC』の表記も用いられる。 対価さえ払えばどんな願いも叶うミセの主人の元に、様々な悩みを抱えた客が次々と訪れるという非日常的な世界観で、人間の内面を描くオカルトファンタジー漫画。タイトルのholicは、英語で中毒を意味する。 作画は男性キャラクターを猫井椿が、女性キャラクターをもこなが担当している。 『週刊ヤングマガジン』で2003年13号から2010年16号まで連載された後に『別冊少年マガジン』へ移籍し、2010年7月号より2011年3月号まで連載された。2009年9月14日発売の『週刊ヤングマガジン』42号から『xxxHOLiC・籠』(ホリック・ロウ)と改題した。 2012年12月2日には名古屋にて開催されたCLAMP FESTIVAL 2012で続編となる『xxxHOLiC・戻』(ホリック・レイ)が発表され、『週刊ヤングマガジン』で2013年14号から連載が開始された。
Xxxholic
『XXXHOLiC』より : 『XXXHOLiC』(ホリック)、または『×××HOLiC』は、CLAMPによる日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメなどの作品。 メディアミックス作品では『xxxHOLiC』の表記も用いられる。 対価さえ払えばどんな願いも叶うミセの主人の元に、様々な悩みを抱えた客が次々と訪れるという非日常的な世界観で、人間の内面を描くオカルトファンタジー漫画。タイトルのholicは、英語で中毒を意味する。 作画は男性キャラクターを猫井椿が、女性キャラクターをもこなが担当している。 『週刊ヤングマガジン』で2003年13号から2010年16号まで連載された後に『別冊少年マガジン』へ移籍し、2010年7月号より2011年3月号まで連載された。2009年9月14日発売の『週刊ヤングマガジン』42号から『xxxHOLiC・籠』(ホリック・ロウ)と改題した。 2012年12月2日には名古屋にて開催されたCLAMP FESTIVAL 2012で続編となる『xxxHOLiC・戻』(ホリック・レイ)が発表され、『週刊ヤングマガジン』で2013年14号から連載が開始された。
XXXHoLiC
『XXXHOLiC』より : 『XXXHOLiC』(ホリック)、または『×××HOLiC』は、CLAMPによる日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメなどの作品。 メディアミックス作品では『xxxHOLiC』の表記も用いられる。 対価さえ払えばどんな願いも叶うミセの主人の元に、様々な悩みを抱えた客が次々と訪れるという非日常的な世界観で、人間の内面を描くオカルトファンタジー漫画。タイトルのholicは、英語で中毒を意味する。 作画は男性キャラクターを猫井椿が、女性キャラクターをもこなが担当している。 『週刊ヤングマガジン』で2003年13号から2010年16号まで連載された後に『別冊少年マガジン』へ移籍し、2010年7月号より2011年3月号まで連載された。2009年9月14日発売の『週刊ヤングマガジン』42号から『xxxHOLiC・籠』(ホリック・ロウ)と改題した。 2012年12月2日には名古屋にて開催されたCLAMP FESTIVAL 2012で続編となる『xxxHOLiC・戻』(ホリック・レイ)が発表され、『週刊ヤングマガジン』で2013年14号から連載が開始された。
X-メン
『X-メン』(エックスメン、X-Men)は、マーベル・コミック刊行のアメリカン・コミックに登場するヒーローチーム。また、コミック・アニメ・映画。 1963年に原作スタン・リー、作画ジャック・カービーによる『X-Men #1』で初登場した。当初は人気が出なかったが、1975年にチームを再編成してからはマーベルコミックの中でも人気のあるシリーズのひとつとなり、多くの派生作品を生み出した。 X-メンのコミックは2012年時点で5億部以上が出版され、1991年の原作クリス・クレアモント、作画ジム・リーによる『X-MEN #1』は850万冊以上が出版され、1冊の売上が世界一のコミックとなる。 主人公が後天的に能力を授かるそれまでのヒーローとは逆転する発想で生み出された。X-MENの語源はEXTRA-MEN、生まれながらの超能力者を意味する。 設定 X-メンは、突然変異によって超人的能力を持って生まれたミュータントの集団である。ミュータントはその特異な能力から「将来取って代わられるのではないか」と人間からは危惧されている。
X-MEN
『X-メン』より : 『X-メン』(エックスメン、X-Men)は、マーベル・コミック刊行のアメリカン・コミックに登場するヒーローチーム。また、コミック・アニメ・映画。 1963年に原作スタン・リー、作画ジャック・カービーによる『X-Men #1』で初登場した。当初は人気が出なかったが、1975年にチームを再編成してからはマーベルコミックの中でも人気のあるシリーズのひとつとなり、多くの派生作品を生み出した。 X-メンのコミックは2012年時点で5億部以上が出版され、1991年の原作クリス・クレアモント、作画ジム・リーによる『X-MEN #1』は850万冊以上が出版され、1冊の売上が世界一のコミックとなる。 主人公が後天的に能力を授かるそれまでのヒーローとは逆転する発想で生み出された。X-MENの語源はEXTRA-MEN、生まれながらの超能力者を意味する。 設定 X-メンは、突然変異によって超人的能力を持って生まれたミュータントの集団である。ミュータントはその特異な能力から「将来取って代わられるのではないか」と人間からは危惧されている。
X-MEN3
『X-メン』より : 『X-MEN: ファイナル ディシジョン』(エックスメン ファイナルディシジョン、原題: X-Men: The Last Stand)は、2006年に公開されたアメリカ映画。 「マーベル・コミック」のアメリカン・コミック『X-メン』の実写映画化第3作品目。公開当時、同シリーズの最終作となる「完結編」として制作された(後年、新シリーズが制作されている)。 前2作を監督したブライアン・シンガーが『スーパーマン リターンズ』の監督に専念する為に製作途中で降板したため、新たにブレット・ラトナーが監督に起用された。 アメリカでは2006年5月26日に公開され、週末興行成績で初登場1位になった。日本では同年9月9日に日比谷スカラ座系列ほかで公開され、全国週末興行成績で初登場から2週連続で1位となった。 ストーリー 時は20年前。ジーン・グレイは、プロフェッサーXに底知れない能力を見出され、それを操るべく「恵まれし者の学園」に彼女の居場所を与えた。
X-Men
『X-メン』より : 『X-メン』(エックスメン、X-Men)は、マーベル・コミック刊行のアメリカン・コミックに登場するヒーローチーム。また、コミック・アニメ・映画。 1963年に原作スタン・リー、作画ジャック・カービーによる『X-Men #1』で初登場した。当初は人気が出なかったが、1975年にチームを再編成してからはマーベルコミックの中でも人気のあるシリーズのひとつとなり、多くの派生作品を生み出した。 X-メンのコミックは2012年時点で5億部以上が出版され、1991年の原作クリス・クレアモント、作画ジム・リーによる『X-MEN #1』は850万冊以上が出版され、1冊の売上が世界一のコミックとなる。 主人公が後天的に能力を授かるそれまでのヒーローとは逆転する発想で生み出された。X-MENの語源はEXTRA-MEN、生まれながらの超能力者を意味する。 設定 X-メンは、突然変異によって超人的能力を持って生まれたミュータントの集団である。ミュータントはその特異な能力から「将来取って代わられるのではないか」と人間からは危惧されている。
Xメン
『X-メン』より : 『X-メン』(エックスメン、X-Men)は、マーベル・コミック刊行のアメリカン・コミックに登場するヒーローチーム。また、コミック・アニメ・映画。 1963年に原作スタン・リー、作画ジャック・カービーによる『X-Men #1』で初登場した。当初は人気が出なかったが、1975年にチームを再編成してからはマーベルコミックの中でも人気のあるシリーズのひとつとなり、多くの派生作品を生み出した。 X-メンのコミックは2012年時点で5億部以上が出版され、1991年の原作クリス・クレアモント、作画ジム・リーによる『X-MEN #1』は850万冊以上が出版され、1冊の売上が世界一のコミックとなる。 主人公が後天的に能力を授かるそれまでのヒーローとは逆転する発想で生み出された。X-MENの語源はEXTRA-MEN、生まれながらの超能力者を意味する。 設定 X-メンは、突然変異によって超人的能力を持って生まれたミュータントの集団である。ミュータントはその特異な能力から「将来取って代わられるのではないか」と人間からは危惧されている。
X JAPAN
Name X JAPAN
Img X_Japan_logo.png
Img_size 200
Background band
Alias X
Genre ハードロック ロック / パワーメタル メタル
Years_active 1982年 1982 - 1997年 1997, 2007年 2007 -
Label Dada (1985年 1985)Extasy Records Extasy (1986年 1986-1988年 1988)ソニー・ミュージックエンタテインメント CBS Sony (1989年 1989 - 1990年 1990)ソニー・ミュージックレコーズ Sony (1991年 1991)キューンレコード Ki/oon (1992年 1992)ワーナーミュージック・ジャパン MMG (1993年 1993)ワーナーミュージック・ジャパン Eastwest Japan (1994年 1994 - 1996年 1996)ポリドール・レコード Polydor (1997年 1997 - 1998年 1998)Extasy Records Extasy Records International(2007年 2007 - )
Production
Associated_acts
Influences
Current_members YOSHIKI (ドラムセット ドラムス、ピアノ)TOSHI (ボーカル)PATA (ギター)HEATH (ベース (弦楽器) ベース)Hide HIDE (ギター) SUGIZO (ギター)

X Japan
『X JAPAN』より : X JAPAN(エックス・ジャパン)は、日本のヴィジュアル系ロックバンド。1989年にX(エックス)としてメジャーデビューし、1992年にX JAPANに改名。1997年9月22日に解散を発表し、同年12月31日にラストステージで活動を終了。2007年10月22日に再結成。通称、X。 1982年、千葉県館山市で当時高校生だったYOSHIKIとToshlを中心に結成。LAメタルに影響を受けた派手なルックスで、後続のバンドにビジュアル、音楽の両面で大きな影響を与えた。 バンド名の由来 X結成当時、長い名前のバンド名が流行っていたため、あえて一文字にすることで、他のバンドと名前が並んだ際に目立つという理由から「X」と名付けた。その後、YOSHIKIがXという文字の意味を調べたところ、Xには「無限の可能性」という意味があることが分かり、後付けで「無限の可能性」、またジャンルにとらわれないという意味であるとした。
Xjapan
『X JAPAN』より : X JAPAN(エックス・ジャパン)は、日本のヴィジュアル系ロックバンド。1989年にX(エックス)としてメジャーデビューし、1992年にX JAPANに改名。1997年9月22日に解散を発表し、同年12月31日にラストステージで活動を終了。2007年10月22日に再結成。通称、X。 1982年、千葉県館山市で当時高校生だったYOSHIKIとToshlを中心に結成。LAメタルに影響を受けた派手なルックスで、後続のバンドにビジュアル、音楽の両面で大きな影響を与えた。 バンド名の由来 X結成当時、長い名前のバンド名が流行っていたため、あえて一文字にすることで、他のバンドと名前が並んだ際に目立つという理由から「X」と名付けた。その後、YOSHIKIがXという文字の意味を調べたところ、Xには「無限の可能性」という意味があることが分かり、後付けで「無限の可能性」、またジャンルにとらわれないという意味であるとした。
X-radio
『夜な夜なニュースいぢり X-radio バツラジ』より : 『夜な夜なニュースいぢり X-Radio バツラジ』(よなよなニュースいぢり バツラジ)は、かつてTBSラジオが2003年9月29日から2008年9月25日の間、月曜〜木曜24:00〜25:00(火曜〜金曜午前0:00〜1:00)に生放送していた深夜のラジオ番組。パーソナリティは宮川賢。 TBSラジオの2003年秋改編にて平日24時台のJUNK枠が廃止された事に伴い、2003年9月29日に放送開始した。「ニュースに興味のないバカ大人」「飲み屋でモテたいバカ大人」をメインターゲットとし「番組スタッフから宮川への手紙」という形式で、毎日3本の旬なニュースを番組独自の切り口で紹介する(これを番組で“いぢる”と称す)スタイルで、そのニュースに関連する人物に電話インタビューしたり、メールでリスナーから情報を募集したりなどといった試みも取り入れていた。
XCP
『Extended Copy Protection』より : XCP(英語: Extended Copy Protection)とは、イギリスの First 4 Internet社によって開発されたコンピュータソフトウェアパッケージで、コンパクトディスクのコピーガード及びデジタル著作権管理 (DRM) 方式として販売されているものである。これはソニー・ミュージックエンタテインメント (米国)により販売されたCDの一部で使用されており、2005年に起こった2005年ソニーCDコピーガードスキャンダルの火種となったが、この文脈においてはソニールートキットとしても知られている。 マーク・ルシノビッチを初めとするコンピュータセキュリティの研究者たちは 、2005年10月、このプログラムが機能的にルートキットと同等であると発表した。ルートキットとは、コンピュータ犯罪者がコンピュータシステムでの不正な活動を隠蔽するために使用するマルウェアである。ルシノビッチが、彼のSysinternals blogで事実を公表すると、すぐにマスメディアや他の研究者たちの注目を集めるところとなった。
XM-X1
『クロスボーン・ガンダム』より : クロスボーン・ガンダム(CROSSBONE GUNDAM)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は1994年の漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム』。 主人公側の勢力である宇宙海賊「クロスボーン・バンガード」の所属機で、「ガンダムタイプ」に分類される機体。劇場用アニメ『機動戦士ガンダムF91』の主役機「ガンダムF91」とは同系列の試作機で、こちらは外宇宙活動に適応した頑強な機体構造と高い推進力を兼ね備えている。頭部の髑髏レリーフや骨十字のような背部推進器ユニットといった、中世の海賊を思わせる意匠を持つ。 『クロスボーン』劇中では、『F91』の主人公でもある「キンケドゥ・ナウ(シーブック・アノー)」が搭乗する白と黒の1号機「X1」、同じく『F91』にも登場する「ザビーネ・シャル」が搭乗する黒い2号機「X2」が登場し、物語の途中で主人公「トビア・アロナクス」が搭乗する白と青の3号機「X3」も登場する。
JAPAN
『ジャパン』より : ジャパン (Japan) とは、英語で日本のこと。詳細についてはジャパンを参照のこと。 転じて、スポーツ競技における日本代表チームの意味としても、以下のように使う。 侍ジャパン マーメイドジャパン なでしこジャパン 「**ジャパン」(主にサッカー日本代表で、監督の姓や愛称を入れて) 英語で漆・漆器のこと。その場合は全て小文字でjapanと書く。 ジャパン (バンド) - 英国出身のバンド。 ジャパン (チェーンストア) - スギ薬局が運営するディスカウントストアチェーンストア。 5代目日産・スカイラインの愛称。 JAPAN (宮原学の曲) - 宮原学のシングル。 JAPAN (アルバム) - 長渕剛のアルバム。 ジャパン (漫画) - 三浦建太郎作の漫画。 JAPAN (漫画) - 大塚英志原作、伊藤真美作画の漫画。 JAPAN (焼酎) - 宝酒造が製造・販売する焼酎。 みつまJAPAN' - (お笑い芸人)の略称。ジャパン(자판)とは、「自販」の韓国語における発音。 大韓サッカー協会はこれとJapanを掛け、2016年1月30日にドーハで行われたリオデジャネイロ五輪アジア最終予選決勝・日本対韓国戦(日本が3 - 2で勝利)で「日本は韓国の優勝自販機」という応援スローガンを掲げた。
JAPAN RAIL PASS
『ジャパンレールパス』より : ジャパンレールパス (英語: Japan Rail Pass) とは、主に日本国外からの観光客などを対象に、JRグループ各社が発行するJR各社の鉄道・路線バスが乗り降り自由で利用できる特別企画乗車券である。 基本的に、日本国外のJR指定発売店および代理店(旅行会社・航空会社等)でのみ発売されており、日本国内では購入できない。例外として、2002年FIFAワールドカップが開催された際に、大会期間中のみ日本国内で発売されたことはある。 ただし、日本国外では引換証のみが渡され、日本到着後、ジャパンレールパス引換箇所(大半は駅の旅行センターなど)で、パスポートを提示し、引換証と交換でパスが入手できる。 利用資格 下記の条件のいずれかにあてはまる者だけに、購入および利用資格がある。 日本の外国人であって 外国から「短期滞在」の入国資格により観光目的で訪れている旅行者。「商用」の場合は認められない。 以下のいずれかに該当する日本国籍保持者。 日本国外に居住している人でその国の永住権を有している(「永住権確認リスト」で永住権が確認できない国に区分されている国(タイ、ニュージーランド、メキシコなど他)の居住者は発券に5年以上の在留証明書が必要)。
JAPAN (アルバム)
『JAPAN』(ジャパン)は、日本のミュージシャンである長渕剛の13枚目のオリジナルアルバム、およびアルバムの一曲目に収録されている楽曲である。 アルバムは1991年12月14日に東芝EMI/エキスプレスよりリリースされた。 解説 初めての本格的に海外(ロスアンジェルス)で、現地のスタジオミュージシャンを交えて収録されたアルバム。本人も出演したテレビドラマ『しゃぼん玉』(1991年、フジテレビ系列)の主題歌、「しゃぼん玉」を収録している。 長渕剛通算13枚目のオリジナルアルバムで、瀬尾一三との共同プロデュース。全収録曲を瀬尾との共同アレンジで製作しているが、これはアルバム『LICENSE』(1987年)、『NEVER CHANGE』(1988年)に続いて3度目。この頃既に瀬尾は、中島みゆきのアルバムプロデュースも手掛けており、まさしく"一人二役"と言っても良い活躍振りである。 以前にアルバム『時代は僕らに雨を降らしてる』(1982年)、『HOLD YOUR LAST CHANCE』(1984年)などのアルバムにおいて、ミックスダウンや一部楽曲のレコーディングをロサンゼルスで行ったことはあるが、今回初めて総ての楽曲をロスアンジェルスで、現地のスタジオミュージシャンを交えて行った、本格的な海外製作のアルバムである。
JAPAN FM NETWORK
全国FM放送協議会(ぜんこくエフエムほうそうきょうぎかい、英称:JAPAN FM NETWORK ASSOCIATION)は、日本の民間放送ラジオのネットワークでの1つである。通称はJAPAN FM NETWORK(ジャパン・エフエム・ネットワーク、略称:JFN)。会長は冨木田道臣(株式会社エフエム東京代表取締役会長)。 最先発の民放FM4局(エフエム東京・エフエム大阪・エフエム愛知・エフエム福岡)が1981年5月に構成したラジオネットワークが前身。キー局はエフエム東京が務める。 県域FM局のない奈良県・和歌山県、加盟局のない茨城県・埼玉県・千葉県・神奈川県・山梨県・京都府以外の全国の都道府県域FM局のエリアをカバーしている。 番組制作能力の手薄な地方局への番組流通が主な目的。FM局がまだ少なかった1980年代前半までは、地方の中波(AM)ラジオ局にもJFNの番組が配信されていた。 ちなみにJFN系列局は、フジテレビ系列や日本テレビ系列のテレビ局と関係が深かったり、主要株主である局が多い。
JAPAN FM LEAGUE
JAPAN FM LEAGUE(ジャパン エフエム リーグ)とは、日本のFMラジオ放送局における民間放送ネットワークの一つである。 1993年10月1日設立。略称はJFL。 先発のテレビ・ラジオネットワークが行っている加盟局同士のニュースやスポーツ中継、番組供給などとは大きく異なり、JFLの理念は各加盟局ごとステーションカラーの自主性・独自性が大きく尊重されているため、所謂東京キー局から放送される全国ネット番組が他のネットワークに比べて極力抑えられ、ネット番組においても各加盟局ごとに「企画ネット番組」として独自制作されることが少なくない点である。それ故に、通常、放送局によるネットワークでは、在京局がキー局、在阪局や在名局が準キー局と位置付けられているが、JFLにおいては、上記理由からキー局・準キー局の概念が存在しない。但し全国ネットされている一部の番組についてはJ-WAVEが制作に携わっている為、事実上の幹事局と認識されている。 また、他の(先発の)テレビ・ラジオネットワークと違い、事務局サイトを持たない(グループの説明はJ-WAVE内にあるのみ)。
JAPAN COUNTDOWN
『JAPAN COUNTDOWN』(ジャパン・カウントダウン、略称:J-CD)は、音楽専門会社であるスワン・ソングの単独制作で、テレビ大阪を幹事局とする、テレビ東京系列で毎週日曜日に放送されている音楽番組。1998年10月3日に土曜深夜で放送を開始、2011年10月2日から現在の日曜朝に放送している。 元々、この番組は1996年10月から1998年9月26日まで放送されていた『TOWER COUNTDOWN』(タワー・カウントダウン)の後継番組としてスタートした。この『TOWER COUNTDOWN』についても本項目で扱う。 内容 毎週、日本全国のCDショップのシングル(SG)・アルバム(AL)CDセールスチャートのカウントダウンが中心になっている。チャートは、プラネット社の最新データとHMV、TOWER RECORDSなどの外資系大型CDショップの売り上げを基に決定する。そのため、オリコンチャートとは異なった結果が出ることも少なくない。現在のチャートは、シングルがTOP20、アルバムがTOP10となっている。
JAPAN onSunday
『RADIO JAPAN onSunday』より : RADIO JAPAN on Sunday(レディオ・ジャパン・オン・サンデー)はJFNが製作するRADIO JAPANの日曜版。タイトルこそRADIO JAPANだが、RADIO JAPAN 土曜版(伊津野亮・荒川れん子)と区別するためか、番組やステッカーでは、RADIO JAPAN onSundayと呼ばれている。 土曜版が2006年3月25日で終了し、日曜版も2006年9月24日の放送で最終回となった。後番組は梶原しげるのNEXT ONE。 CM枠のBGMでは、洋楽の編集したものが使われていた。 パーソナリティ 本村由紀子 もとむら ゆきこ コーナー 6:07 - Pick up news 日曜朝いちのニュースコーナー。通常ニュースは1本、スポーツメイン 6:20 - HOME SWEETS HOME 本村オススメの甘いお菓子 (=SWEETS) を紹介 6:40 - RADIO JAPAN WEATHER INFORMATION〜天気予報〜 日本気象協会からの天気予報 6:42 - RADIO JAPAN TRAFFIC REPORT〜全国幹線道路情報〜 JARTICから、高速道路情報 6:46 - SUPER JOINT RADIO 各界のさまざまな人がラジオ放送する。
JAPAN LE MANS CHALLENGE
『全日本スポーツカー耐久選手権』より : 全日本スポーツカー耐久選手権(ぜんにほんスポーツカーたいきゅうせんしゅけん)は、2006年と2007年に開催された、自動車レースのカテゴリーである。 これまで全日本クラスの耐久選手権シリーズは全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)が存在していたが、1992年の消滅以後は開催されていなかった。さらに、全日本GT選手権(JGTC)は2005年からSUPER GTとして国際シリーズ化の道を歩み、スーパー耐久シリーズは日本自動車連盟(JAF)及びエントラントの意向から全日本選手権が懸けられていなかったため、フォーミュラーカー以外の全日本選手権が消滅してしまった。 そこで新たにSERO(Sports Car Endurance Race Operation)が組織され、スポーティング及びテクニカル・レギュレーションをル・マン・シリーズ(LMS)ルールを基本(JAFによる「全日本スポーツカー選手権統一規則」に準拠)とすることにより、より参加しやすい新たな全日本選手権イベントとして立ち上げられた。
JAPAN LE MANS CHALLENGE 全日本スポーツカー耐久選手権
『全日本スポーツカー耐久選手権』より : JAPAN LE MANS CHALLENGE 全日本スポーツカー耐久選手権(略称:JLMC)は、2006年に開始される、モータースポーツ 自動車レースのカテゴリー。「JAPAN LE MANS CHALLENGE」の名称はル・マン24時間レースを主催するフランス西部自動車クラブ(ACO)と、ル・マン耐久シリーズ(LMES:Le Mans Endurance Series、2006年からLMS:Le Mans Seriesに改称)のプロモーターの承認を得て「LE MANS」の名称を冠する事ができるようになったものである。
これまで全日本クラスの耐久選手権シリーズは全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)が存在していたが、1992年の消滅以後は開催されていなかった。また、全日本GT選手権はSuper GTとして国際シリーズ化(全日本選手権から外れる)、スーパー耐久は全日本選手権がかけられていない。新たにこの選手権ができることで国際競争力が培える他、日本と海外との交流も活発になるという狙いがあるものと見られている。

JAPANサッカー・カレッジ
JAPANサッカーカレッジ(ジャパンサッカーカレッジ、英語: College of Upward Players in Soccer)は、新潟県に本社を置くNSGグループの学校法人国際総合学園が運営するサッカー専門学校である。略称はJSC。 JAPANサッカーカレッジは2002 FIFAワールドカップが開催された2002年に新潟県北蒲原郡聖籠町で創設された。選手やコーチ、レフェリー、トレーナー、サッカービジネスに関する学科の他、高等部も設置されている。また、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するアルビレックス新潟(以下、アルビレックス)の育成組織としても位置づけられている。敷地及び校舎は2000年に聖籠町立聖籠中学校への統廃合のため廃校となった旧聖籠町立亀代中学校のものを再利用している。 各学科について サッカー専攻科 サッカー専攻科には「プロコース」、「ゴールキーパーコース」、「コーチ・審判コース」、「ビジネスコース」、「トレーナーコース」がある。
JAPANサッカーカレッジ
『JAPANサッカー・カレッジ』より : JAPANサッカーカレッジ(ジャパンサッカーカレッジ、英語: College of Upward Players in Soccer)は、新潟県に本社を置くNSGグループの学校法人国際総合学園が運営するサッカー専門学校である。略称はJSC。 JAPANサッカーカレッジは2002 FIFAワールドカップが開催された2002年に新潟県北蒲原郡聖籠町で創設された。選手やコーチ、レフェリー、トレーナー、サッカービジネスに関する学科の他、高等部も設置されている。また、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するアルビレックス新潟(以下、アルビレックス)の育成組織としても位置づけられている。敷地及び校舎は2000年に聖籠町立聖籠中学校への統廃合のため廃校となった旧聖籠町立亀代中学校のものを再利用している。 各学科について サッカー専攻科 サッカー専攻科には「プロコース」、「ゴールキーパーコース」、「コーチ・審判コース」、「ビジネスコース」、「トレーナーコース」がある。
JAPANESE SYNCHRO SYSTEM
JAPANESE SYNCHRO SYSTEM(ジャパニーズ・シンクロ・システム)はTHA BLUE HERBのMCであるILL-BOSSTINOと、テクノミュージシャンであるCalmの二人からなるダンスミュージック音楽ユニット ユニットである。
ILL-BOSSTINO…THA BLUE HERB/HERBEST MOON
1999年にライブ会場で出会い、2000年に発売されたコンピレーションアルバム「響現」で初の共同制作を行う。そしてそれから着想6年、制作1年という年月を経てLife Line Recordsより音源を発売。ダンスミュージックやクラブミュージックを取り入れたシンプルでスタンダードな楽曲を作り上げている。
THE FOUNDATION(2006年9月8日)
Japanese Synchro System
Moisty Sugar
Pure Finger In Deep River
THE ELABORATION(2006年11月3日)
Let”s Go Bang!
Check It,Spread It
I”m On Fire
A Day In The Life

JAPAN BOYS
『JAPAN BOYS』(ジャパンボーイズ)は、1998年10月3日から1999年3月27日までフジテレビ系列で放送されていた関西テレビ製作のバラエティ番組。MIZUNOの一社提供。放送時間は毎週土曜 23:00 - 23:30 (日本標準時)。略称は「JB」で、新聞のテレビ欄ではこちらの表記が用いられていた。 前番組『とんねるずのハンマープライス』から引き続きとんねるずが司会を務めた深夜番組で、「日本男児の再生」をコンセプトに様々なドキュメントバラエティ企画を実施していた。番組は一般からの参加希望者(男性のみ)を募り、石橋貴明と木梨憲武それぞれが立ち上げたチームに配置して様々な修行をさせた。 石橋チームが行った企画に、一般参加者30人に料理修行をさせる企画があった。この企画では、まず彼らに体力トレーニングなどをさせ、その中から選ばれた男性10人を一流料亭の下で3か月近くにわたって修行させた。そして、修行を終えた彼らを石橋がプロデュースする店「貴味」(きあじ)に調理師として雇い、原宿に店を出させた。
JAPAN EXPO
JAPAN EXPO(ジャパン エキスポ)とは旧・通商産業省による特定地方博覧会制度による地方博覧会のことである。計12回に亘り開催された。 第1回 博覧会:ジャパンエキスポ富山 開催時:1992年7月10日 - 9月27日 開催地:太閤山ランド(富山県小杉町) 入場者:合計237万人 第2回 博覧会:三陸・海の博覧会 開催時:1992年7月4日 - 9月15日 開催地:岩手県釜石市・宮古市・山田町 入場者:合計201万人 第3回 博覧会:信州博覧会 開催時:1993年7月17日 - 9月26日 開催地:松本平広域公園(長野県松本市) 入場者:合計240万人 第4回 博覧会:JAPAN EXPO 世界リゾート博 開催時:1994年7月16日 - 9月25日 開催地:和歌山マリーナシティ(和歌山県和歌山市) 入場者:合計294万人 第5回 博覧会:世界祝祭博覧会 開催時:1994年7月22日 - 11月6日 開催地:三重県伊勢市 入場者:合計351万人 第6回 博覧会:世界・焱の博覧会 開催時:1996年7月19日 - 10月13日 開催地:佐賀県有田町 入場者:合計255万人 第7回 博覧会:山陰・夢みなと博覧会 開催時:1997年7月12日 - 9月28日 開催地:夢みなとタワー公園(鳥取県境港市) 入場者:合計193万人 第8回 博覧会:国際ゆめ交流博覧会 開催時:1997年7月19日 - 9月29日 開催地:宮城県仙台市 入場者:合計106万人 第9回 博覧会:JAPAN EXPO 南紀熊野体験博 開催時:1999年4月29日 - 9月19日 開催地:田辺新庄シンボルパーク(和歌山県田辺市)、那智勝浦シンボルパーク(和歌山県那智勝浦町) 入場者:合計310万人 第10回 博覧会:北九州博覧祭2001 開催時:2001年7月4日 - 11月4日 開催地:スペースワールド駅前(福岡県北九州市) 入場者:合計216万人 第11回 博覧会:うつくしま未来博 開催時:2001年7月7日 - 9月30日 開催地:須賀川テクニカルリサーチガーデン(福島県須賀川市) 入場者:合計166万人 第12回 博覧会:21世紀未来博覧会 開催時:2001年7月14日 - 9月30日 開催地:きらら浜(山口県阿知須町) 入場者:合計251万人 関連項目 博覧会 国際博覧会 通商産業省。
JAPAN FM LEAGUE
JAPAN FM LEAGUE(ジャパン エフエム リーグ)とは、日本のFMラジオ放送局における民間放送ネットワークの一つである。 1993年10月1日設立。略称はJFL。 先発のテレビ・ラジオネットワークが行っている加盟局同士のニュースやスポーツ中継、番組供給などとは大きく異なり、JFLの理念は各加盟局ごとステーションカラーの自主性・独自性が大きく尊重されているため、所謂東京キー局から放送される全国ネット番組が他のネットワークに比べて極力抑えられ、ネット番組においても各加盟局ごとに「企画ネット番組」として独自制作されることが少なくない点である。それ故に、通常、放送局によるネットワークでは、在京局がキー局、在阪局や在名局が準キー局と位置付けられているが、JFLにおいては、上記理由からキー局・準キー局の概念が存在しない。但し全国ネットされている一部の番組についてはJ-WAVEが制作に携わっている為、事実上の幹事局と認識されている。 また、他の(先発の)テレビ・ラジオネットワークと違い、事務局サイトを持たない(グループの説明はJ-WAVE内にあるのみ)。
JAPAN FM NETWORK
全国FM放送協議会(ぜんこくエフエムほうそうきょうぎかい、英称:JAPAN FM NETWORK ASSOCIATION)は、日本の民間放送ラジオのネットワークでの1つである。通称はJAPAN FM NETWORK(ジャパン・エフエム・ネットワーク、略称:JFN)。会長は冨木田道臣(株式会社エフエム東京代表取締役会長)。 最先発の民放FM4局(エフエム東京・エフエム大阪・エフエム愛知・エフエム福岡)が1981年5月に構成したラジオネットワークが前身。キー局はエフエム東京が務める。 県域FM局のない奈良県・和歌山県、加盟局のない茨城県・埼玉県・千葉県・神奈川県・山梨県・京都府以外の全国の都道府県域FM局のエリアをカバーしている。 番組制作能力の手薄な地方局への番組流通が主な目的。FM局がまだ少なかった1980年代前半までは、地方の中波(AM)ラジオ局にもJFNの番組が配信されていた。 ちなみにJFN系列局は、フジテレビ系列や日本テレビ系列のテレビ局と関係が深かったり、主要株主である局が多い。
JAPAN (長渕剛)
『』より : REDIRECT 長渕剛
長渕剛のアルバムのタイトルです。1991年発売。