imageトレンド検索結果

鏡開きの意味と由来とは?2018年はいつ?関東と関西で違う?
お正月によくみかける、二段の丸いお餅の上にみかんを飾ったものを「鏡餅(かがみもち
)」といいます。 年末に家族やご近所さんと餅つきをして鏡餅を作る方や、お店で売られ
ているものを買ってきて飾る方もいらっしゃるでしょう。 今回は、鏡開きの意味と由来、
2018年はいつ鏡開きをするのか、調べていきましょう。 スポンサードリンク. 鏡開き
意味は? 鏡は昔、青銅製で丸い形をしており、神様が宿ると考えられ、神事に使われ
ていました。 神話の時代、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が瓊瓊杵尊(ににぎのみ
こと・天皇 ...
鏡開き - Wikipedia
鏡開き(かがみびらき)・鏡割り(かがみわり)とは、正月に神(年神)や仏に供えた鏡餅を
下げて食べる、日本の年中行事である。神仏に感謝し、無病息災などを祈って、供え
られた餅を頂き、汁粉・雑煮、かき餅(あられ)などで食される。 目次. [非表示]. 1 概要; 2
日付; 3 文学; 4 鏡抜き; 5 注釈; 6 関連項目; 7 外部リンク. 概要[編集]. 江戸時代、新年
の吉日に商家では蔵開きの行事をしたが、武家において新年の11日(もと20日)に行
われる行事で鎧などの具足に供えた具足餅を下げて雑煮などにして食し「刃柄(はつか)
」を ...
2018年の鏡開きの日にちはいつ?関東と関西の違い・行事の意味について
2015年1月10日 ... 2018年の鏡開きの日にちはいつ?関東と関西の違い・行事の意味について. 鏡開き.
お正月に行われる毎年恒例の行事“鏡開き”は基本的には毎年決まった日にちに行われ
ます。 しかし、地域によって大きく異なるというのが少しややこしい点です。 そこで今回、
地域ごとの鏡開きの日にちにや地域によって異なる理由、行事の概要などを解説して
いきます。 ちなみにこのブログは、他にも正月飾りについて記事を書いています。 □
正月飾りの記事一覧. 各正月飾りについて. 門松の意味・飾り方・処分方法 ...
鏡開きはいつ?由来と意味やマナーを教えて! – 豆知識PRESS
鏡開きの時期や意味について. 鏡開きとは、お正月に年神様にお供えをしていた鏡餅を
下げ、食べる事を言います。 中には鏡餅を下げる事が鏡開きだと勘違いされている方も
いらっしゃいますが、下げるだけではなく食べる事がとても大切なのです。 では、それに
は一体どのような意味があるのでしょうか。 また、鏡開きをする日というのは必ず決まっ
ているものなのでしょうか? 地域によって違いはないのでしょうか? 今回はそのような
疑問を丸ごと解決してみようと思います。
鏡開きの由来と開き方|暮らし歳時記
鏡開きの由来と開き方. お正月の間、年神様の居場所になっているのが鏡餅。そのため
、年神様がいらっしゃる松の内の間は飾っておき、松の内が過ぎたら下げて食べ、年
神様をお送りします。年神様の依り代(よりしろ)である鏡餅には年神様の魂が宿って
いるとされるため、鏡餅を食べることでその力を授けてもらい、1年の家族の無病息災を
願います。 つまり、鏡餅は供えて、開いて、食べてこそ意味があるのです。
鏡開き(かがみびらき)とは - コトバンク
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 鏡開きの用語解説 - 正月行事の一つ。鏡餅を
こわして食する。正月に鏡餅を飾る行事はいつに始るかつまびらかでないが,室町時代
にはその方式が定まった。鏡開きは,江戸時代,武家で初め正月 20日,のちに 11日を
式日として,具足に供えた鏡餅を打ち欠いて食した...
鏡開き|探る|日本鏡餅組合
1月11日は鏡開きの日 供えた鏡餅を下げる日は各地方によって違いがあります。 年
神様がいらっしゃる1月7日までを松の内といいます。鏡開きは、松の内が明けた1月11
日に行うのが一般的です。 松の内を15日とする地方では、鏡開きを15日または20日に
行う場合があります。 また、京都では1月4日に行われます。 鏡餅から新しい生命を
受ける お正月、神様からは全ての人や物に新しい生命を与えるために現れると伝えられ
ています。つまり一年に一度新たに生まれ変わるということです。その年神様の霊力は
お供え ...
【みんなが作ってる】 鏡開きのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなの ...
鏡開きの簡単おいしいレシピ(作り方)が229品! 「鏡開きのぜんざい」「鏡開きで いも餅」
鏡開きに!簡単ぜんざい」「〇鏡開き離乳食〇 おしるこ風」など.
鏡開きのいわれは? 樽酒の注文、鏡開きの準備はどのようにすればよい ...
まず、最寄りの酒販店でご注文ください。宴会場などで鏡開きをされる際には、会場
を通じてご注文できる場合もありますので、担当の方にご相談ください。 鏡開きには、菰
冠(こもかぶり)と呼ぶ、装飾用の菰(こも)を巻いた樽を使います。ご使用日に杉の香り
がほど良く調和するよう、ご注文ごとにお届けする期間を逆算して樽詰めしています。ご
注文は、ご使用になる日を指定してお申し込みください。納期は、ご注文日より1週間
から10日ほどかかります。 樽詰めの商品は、4斗(72リットル)、2斗(36リットル)、1斗(
18 ...
鏡開きなるほど事典|菊正宗~生酛(生もと)で辛口はうまくなる。~
鏡開きをスムーズに行って頂くための知識とノウハウについて、イラストなどを使って
分かりやすくご紹介します。

鏡開き
鏡開き(かがみびらき)・鏡割り(かがみわり)とは、正月に神(年神)や仏に供えた鏡餅を下げて食べる、日本の年中行事であり、神仏に感謝し、またその供えられたものを頂いて無病息災などを祈って、汁粉・雑煮などで食す。 江戸時代、新年の吉日に商家では蔵開きの行事をしたが、武家では鎧などの具足に供えた具足餅を下げて雑煮などにして食し、これを「刃柄(はつか)」を祝うといった。女性が鏡台に供えた鏡餅を開く事を「初顔」を祝うといった。この武家社会の風習が一般化したものである。江戸城では、重箱に詰めた餅と餡が大奥にも贈られ、汁粉などにして食べた。 刃物で餅を切るのは切腹を連想させるので手や木鎚で割り、「切る」「割る」という言葉を避けて「開く」という言葉を使用する(「開き」は「割り」の忌み言葉)。鏡は円満を、開くは末広がりを意味する。また、鏡餅を食すことを「歯固め」という。これは、硬いものを食べ、歯を丈夫にして、年神様に長寿を祈るためという。 鏡餅の割れ方で占いをする地域もあり、「鏡餅の割れが多ければ豊作」と言われている。