imageトレンド検索結果


辻井伸行
辻井 伸行(つじい のぶゆき、1988年9月13日 - )は、日本のピアニスト。2009年、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールにおいて日本人として初優勝した。上野学園大学卒業。 これまでに、増山真佐子、川上昌裕、川上ゆかり、横山幸雄、田部京子に師事している。 東京都豊島区出身。産婦人科医の父と元アナウンサーの母のもとに生まれる。出生時から眼球が成長しない「小眼球」と呼ばれる原因不明の障害を負っていた。筑波大学附属盲学校(現在は視覚特別支援学校)小学部を経て、東京音楽大学付属高等学校(ピアノ演奏家コース)卒業。 1995年(平成7年)、7歳で全日本盲学生音楽コンクール器楽部門ピアノの部第1位受賞。10歳となった1998年(平成10年)、三枝成彰スペシャルコンサートで本名徹次指揮、大阪センチュリー交響楽団と共演し、鮮烈なデビューを飾った。 1999年(平成11年)(11歳)、全国PTNAピアノコンペティションD級で金賞を受賞した。 2000年(平成12年)(12歳)、第1回ソロ・リサイタルをサントリーホール小ホールにて行い、翌2001年(平成13年)すぐに第2回のソロ・リサイタルを開催した。