imageトレンド検索結果

西郷隆盛 - Wikipedia
西郷 隆盛(さいごう たかもり、旧字体: 西鄕隆盛、文政10年12月7日(1828年1月23日)
- 明治10年(1877年)9月24日)は日本の武士(薩摩藩士)・軍人・政治家。 薩摩国薩摩
藩の下級藩士・西郷吉兵衛隆盛の長男。諱は元服時に隆永(たかなが)のちに武雄・
隆盛(たかもり)と変更。幼名は小吉、通称は吉之介、善兵衛、吉兵衛、吉之助と順次
変更。号は南洲(なんしゅう)。隆盛は父と同名であるが、これは王政復古の章典で位階
を授けられる際に親友の吉井友実が誤って父・吉兵衛の名で届け出てしまい、それ以後
は父 ...
NHK大河ドラマ『西郷どん』
極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(西郷どん)が、南国奄美で愛に
目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて
明治維新を成し遂げていく物語。
【モンスト】西郷隆盛の最新評価!適正神殿とわくわくの実 - GameWith
2018年3月17日 ... 【GameWith】薩摩の英傑 西郷隆盛(進化)、南州翁 西郷隆盛(神化)の最新評価を
掲載しています。また活躍できる適正神殿や降臨、おすすめのわくわくの実をランク付け
しています。西郷隆盛の使い道の参考にしてください。
【モンドラ】西郷隆盛の評価とおすすめの修行ポイント|ゲームエイト
2018年3月6日 ... モンドラ(モンスタードライブ)における、西郷隆盛の評価とおすすめの修行ポイントを
掲載しています。モンスターの強い点・弱い点から評価を記載しています。是非参考にし
てください。
西郷隆盛(西郷吉之助)49年の生涯をスッキリ解説【年表付き】 なぜ英雄 ...
2017年7月31日 ... 西郷隆盛(西郷吉之助)は「評価の難しい人だ」とよく言われます。 それはそうでしょう。
彼の生涯は、歴史の授業で習うような「薩長同盟」や「倒幕・維新」だけでは、とても
収まりきりません。 若かりし頃は二度も島送りにされたり、入水自殺を試みたり、上級
権力者の島津久光と仲違いをしたり……。 その一方で多くの藩士に慕われ、類まれなる
政治力で明治維新を遂行しながら、ついには西南戦争で自決するのですから、まさに
波乱万丈というほかありません。 ざっと事績を追ってみても、三英傑(織田信長・ ...
西郷
... 県南定住・二地域居住相談所 ラクラスしらかわ · 復興へのあゆみ · 復興のつち音 ·
福島県 · 福島労働局 · ふくしま新発売。 西郷村図書室蔵書検索 · 家族みんなで防ごう
高齢者詐欺 · マイナンバー. 1. 2. 3. ページの先頭へ. サイトマップ · 西郷村ウェブサイト
の考え方 · 西郷村へのアクセス · リンク集. 西郷村 Nishigo Village. 開庁時間:平日 8
時30分〜17時15分まで(12月29日から翌年1月3日までは除く). 〒961-8501 福島県
西白河郡西郷村大字熊倉字折口原40番地. Tel:0248-25-1111(代表)Fax:0248-25-
2689.
西郷特盛 - 銀魂乱舞 攻略Wiki : ヘイグ
「銀魂乱舞」の攻略Wikiです。1月17日よりフラゲ攻略開始!(PS4/PS Vita)
西郷どん |NHK_PR|NHKオンライン
西郷どん. 西郷のまっすぐさに思わず負けた. 大河ドラマ「西郷(せご)どん」 · 吉之助との
対面シーンは、ドラマのだいご味. 大河ドラマ「西郷(せご)どん」 · 家定、倒れるー。万策
尽きた斉彬が打った次の手は!? 大河ドラマ 西郷どん. 動画 · 「西郷どん」坂本龍馬 役
は 小栗 旬ぜよ! 大河ドラマ「西郷(せご)どん」. “これ以上の芝居はもうできない” ところ
まで来た. 大河ドラマ「西郷(せご)どん」. 「このまま私を連れて、逃げておくれ」 あふれる
思いを、吉之助が受け止める…! 大河ドラマ「西郷(せご)どん」. 不思議な縁がある3 ...
西郷支局:松江地方法務局
交通手段, 1 西郷港から約2.3キロメートル,徒歩30分 2 港左手「ポートプラザ」バス停
から「布施方面」以外のバスに乗車し, 「隠岐地方合同庁舎」バス停で下車(約5分,170
円(循環バスは200円)) 3 港左手「ポートプラザ」前からタクシーに乗車(約1000円).
取扱時間, 午前8時30分から午後5時15分まで. 取扱事務, 取り扱っている事務,
取り扱っていない事務. 不動産登記商業・法人登記(証明書交付・印鑑に関する事務)
電子認証動産譲渡登記(概要記録事項証明書の交付のみ) 債権譲渡登記(概要記録
事項証明書の ...
西郷どん!|カドカワストア
西郷どん!』コミックス・文庫・関連商品をお探しならカドカワストア。KADOKAWA公式
オンラインショップならではの豊富な品揃え!

西郷隆盛
西郷 隆盛(さいごう たかもり、旧字体: 西鄕隆盛、文政10年12月7日(1828年1月23日) - 明治10年(1877年)9月24日)は、日本の武士(薩摩藩士)、軍人、政治家。 薩摩国薩摩藩の下級藩士・西郷吉兵衛隆盛の長男。名(諱)は元服時には隆永(たかなが)、のちに武雄、隆盛(たかもり)と改めた。幼名は小吉、通称は吉之介、善兵衛、吉兵衛、吉之助と順次変えた。号は南洲(なんしゅう)。隆盛は父と同名であるが、これは王政復古の章典で位階を授けられる際に親友の吉井友実が誤って父・吉兵衛の名を届けたため、それ以後は父の名を名乗ったためである。一時、西郷三助・菊池源吾・大島三右衛門、大島吉之助などの変名も名乗った。 西郷家の初代は熊本から鹿児島に移り、鹿児島へ来てからの7代目が父・吉兵衛隆盛、8代目が吉之助隆盛である。次弟は戊辰戦争(北越戦争・新潟県長岡市)で戦死した西郷吉二郎(隆廣)、三弟は明治政府の重鎮西郷従道(通称は信吾、号は竜庵)、四弟は西南戦争で戦死した西郷小兵衛(隆雄、隆武)。
西郷南洲
『西郷隆盛』より : 西郷 隆盛(さいごう たかもり、旧字体: 西鄕隆盛、文政10年12月7日(1828年1月23日) - 明治10年(1877年)9月24日)は、日本の武士(薩摩藩士)、軍人、政治家。 薩摩国薩摩藩の下級藩士・西郷吉兵衛隆盛の長男。名(諱)は元服時には隆永(たかなが)、のちに武雄、隆盛(たかもり)と改めた。幼名は小吉、通称は吉之介、善兵衛、吉兵衛、吉之助と順次変えた。号は南洲(なんしゅう)。隆盛は父と同名であるが、これは王政復古の章典で位階を授けられる際に親友の吉井友実が誤って父・吉兵衛の名を届けたため、それ以後は父の名を名乗ったためである。一時、西郷三助・菊池源吾・大島三右衛門、大島吉之助などの変名も名乗った。 西郷家の初代は熊本から鹿児島に移り、鹿児島へ来てからの7代目が父・吉兵衛隆盛、8代目が吉之助隆盛である。次弟は戊辰戦争(北越戦争・新潟県長岡市)で戦死した西郷吉二郎(隆廣)、三弟は明治政府の重鎮西郷従道(通称は信吾、号は竜庵)、四弟は西南戦争で戦死した西郷小兵衛(隆雄、隆武)。
西郷隆永
『西郷隆盛』より : 西郷 隆盛(さいごう たかもり、旧字体: 西鄕隆盛、文政10年12月7日(1828年1月23日) - 明治10年(1877年)9月24日)は、日本の武士(薩摩藩士)、軍人、政治家。 薩摩国薩摩藩の下級藩士・西郷吉兵衛隆盛の長男。名(諱)は元服時には隆永(たかなが)、のちに武雄、隆盛(たかもり)と改めた。幼名は小吉、通称は吉之介、善兵衛、吉兵衛、吉之助と順次変えた。号は南洲(なんしゅう)。隆盛は父と同名であるが、これは王政復古の章典で位階を授けられる際に親友の吉井友実が誤って父・吉兵衛の名を届けたため、それ以後は父の名を名乗ったためである。一時、西郷三助・菊池源吾・大島三右衛門、大島吉之助などの変名も名乗った。 西郷家の初代は熊本から鹿児島に移り、鹿児島へ来てからの7代目が父・吉兵衛隆盛、8代目が吉之助隆盛である。次弟は戊辰戦争(北越戦争・新潟県長岡市)で戦死した西郷吉二郎(隆廣)、三弟は明治政府の重鎮西郷従道(通称は信吾、号は竜庵)、四弟は西南戦争で戦死した西郷小兵衛(隆雄、隆武)。
西郷従道
西郷 従道(さいごう じゅうどう / つぐみち、天保14年5月4日(1843年6月1日) - 明治35年(1902年)7月18日)は、日本の武士(薩摩藩士)、陸軍および海軍軍人、政治家。階級は元帥海軍大将。栄典は従一位大勲位功二級侯爵。名前の読みとして「つぐみち」が広く流布しているが、西郷家によると「じゅうどう」が正訓である。兄の西郷隆盛を「大西郷」と称するのに対し、従道を「小西郷」と呼ぶ。 文部卿(第3代)、陸軍卿(第3代)、農商務卿(第2代)、元老、海軍大臣(初・2・3・7・8・9・10代)、内務大臣(第4・5・18代)、貴族院議員を歴任した。 青年期 薩摩国鹿児島城下加治屋町山之口馬場(下加治屋町方限)に生まれる(幼名竜助)。剣術は薬丸兼義に薬丸自顕流を、兵学は伊地知正治に合伝流を学んだ。有村俊斎の推薦で薩摩藩主・島津斉彬に出仕し、茶坊主となって竜庵と号する。 文久元年(1861年)9月30日に還俗し、本名を隆興、通称を信吾(慎吾)と改名。斉彬を信奉する精忠組に加入し、尊王攘夷運動に身を投じる。
西郷從道
『西郷従道』より : 西郷 従道(さいごう じゅうどう / つぐみち、天保14年5月4日(1843年6月1日) - 明治35年(1902年)7月18日)は、日本の武士(薩摩藩士)、陸軍および海軍軍人、政治家。階級は元帥海軍大将。栄典は従一位大勲位功二級侯爵。名前の読みとして「つぐみち」が広く流布しているが、西郷家によると「じゅうどう」が正訓である。兄の西郷隆盛を「大西郷」と称するのに対し、従道を「小西郷」と呼ぶ。 文部卿(第3代)、陸軍卿(第3代)、農商務卿(第2代)、元老、海軍大臣(初・2・3・7・8・9・10代)、内務大臣(第4・5・18代)、貴族院議員を歴任した。 青年期 薩摩国鹿児島城下加治屋町山之口馬場(下加治屋町方限)に生まれる(幼名竜助)。剣術は薬丸兼義に薬丸自顕流を、兵学は伊地知正治に合伝流を学んだ。有村俊斎の推薦で薩摩藩主・島津斉彬に出仕し、茶坊主となって竜庵と号する。 文久元年(1861年)9月30日に還俗し、本名を隆興、通称を信吾(慎吾)と改名。斉彬を信奉する精忠組に加入し、尊王攘夷運動に身を投じる。
西郷村 (福島県)
自治体名=西郷村
区分=町
都道府県=福島県
支庁=
郡=西白河郡
コード=07461-6
面積=192.32
境界未定=なし
人口=19,639
人口の時点=2006年8月1日
隣接自治体=白河市、天栄村、下郷町、栃木県那須塩原市、那須町
木=カシワ
花=(草花)ミズバショウ(木花)ヤシオツツジ
シンボル名=村の鳥
鳥など=キジ

西郷郵便局 (島根県)
名称=西郷郵便局
正式名称=西郷郵便局
愛称=
前身=目貫郵便局、西郷港郵便局
局番号=53007
設置者=郵便局 (企業) 郵便局株式会社
郵便=米子支店西郷集配センター
貯金=代理店
取扱店番号=
保険=代理店
所在地郵便番号=685-8799
所在地=島根県隠岐郡隠岐の島町西町八尾の一55
特記事項=ATMホリデーサービス実施
西郷郵便局(さいごうゆうびんきょく)は、島根県隠岐郡隠岐の島町にある郵便局。郵政民営化 民営化前の分類では集配郵便局 集配特定郵便局であった。
住所:〒685-8799 島根県隠岐郡隠岐の島町西町八尾の一55
米子郵便局 郵便事業米子支店西郷集配センター
郵政民営化 民営化前は以下の場所に出張所として現金自動預け払い機 ATMを設置していた。現在も同じ場所にATMがあるが、管理は広島中郵便局 ゆうちょ銀行広島支店となっている。

西郷氏
西郷氏(さいごうし)は、日本の姓氏。「西郷」という全国各地に所在する地名を名字とした典型的な地名姓であり、複数の家系の武家が歴史に名を残している。 中世に荘園公領制が成立すると、それまで令制国のもとに郡があり、その下に郷があるという地方行政組織が再編され、令制国の中に国衙に並列的に直結する郡、郷、保、院、条、別名などといった公領と、荘園領主の支配下にある荘園が割拠する状況が現出した。この状況下で全国各地に国衙領(公領)として「西郷」が数多く成立した。この「西郷」を郷司として支配し、名字の地とした武士が、各地の西郷氏の由来である。 武家として名を残した西郷氏の中では、室町時代の九州北部で勢力を振るった肥前伊佐早荘(後の諫早)の西郷氏が歴史の古い名族として知られる。こちらは、肥前高来郡の国衙領部分が高来東郷と高来西郷に再編された内の後者を出自としており、戦国時代には、より西にある伊佐早荘(後の諫早市と北高来郡に相当)を支配し、大永年間の西郷弾正小弼藤原尚善より記録が確認できる。
西郷輝彦
西郷 輝彦(さいごう てるひこ、1947年2月5日 - )は、日本の歌手、俳優、タレント。本名、今川 盛揮。鹿児島県鹿児島郡谷山町(のち谷山市、現:鹿児島市)出身。身長176cm、体重66kg、血液型はA型。 歌手としては、橋幸夫・舟木一夫と共に「御三家」と呼ばれた(徳川御三家になぞらえて命名された)。芸名は明治維新の三傑の一人西郷隆盛にちなむ。 来歴・人物 幼少の頃から芸事に傾倒し、小学生時代は剣舞や絵画を習ったり、近所の子供を集めては自身で作った紙芝居を披露したり、地元の慈眼寺公園でチャンバラごっこに明け暮れる少年だった。中学に入ると主としてスポーツに力を入れ、野球、テニス、バレーなど、あらゆるスポーツをそつなくこなす少年であった。背が高かったこともあり、他のクラブから試合への参加を頼まれることもあったとのことである。またジャズが好きだった兄の影響で音楽にも傾倒し,将来は歌手になりたいとの夢を抱いていた一方、石原裕次郎、小林旭などダイヤモンドラインと言われた日活映画に憧れ映画俳優になりたいとの夢もあり、当時あった映画会社5社のニューフェイスに応募したが結果は落選だった。
西郷四郎
西郷 四郎(さいごう しろう、1866年3月20日(慶応2年2月4日) - 1922年(大正11年)12月22日)は、明治時代の柔道家。講道館四天王の一人。富田常雄の小説『姿三四郎』のモデル。 会津藩士・志田貞二郎の三男として若松に生まれた。3歳のときに戊辰戦争を逃れるため家族で津川(現:新潟県阿賀町)に移住。16歳で会津藩家老・西郷頼母の養子となり、福島県伊達郡霊山町の霊山神社に宮司として奉職する頼母に育てられた。 1882年(明治15年)上京し、当時は陸軍士官学校の予備校であった成城学校(新宿区原町)に入学、天神真楊流柔術の井上敬太郎道場で学んでいる間に、同流出身の嘉納治五郎に見いだされ、講道館へ移籍する。1883年(明治16年)に初段を取得。 1886年(明治19年)の警視庁武術大会で講道館柔道が柔術諸派に勝ったことにより、講道館柔道が警視庁の正課科目として採用され、現在の柔道の発展の起点となった。西郷はこの試合で戸塚派揚心流の好地圓太郎(同流の照島太郎とする文献もあり)に勝ち、勝利に貢献した。
西郷町 (島根県)
廃止日=2004年10月1日
廃止理由=新設合併
廃止詳細=西郷町,五箇村 (島根県) 五箇村,布施村 (島根県隠岐郡) 布施村,都万村 → 隠岐の島町
現在の自治体=隠岐の島町
自治体名=西郷町
区分=町
都道府県=島根県
支庁=
郡=隠岐郡
コード=
面積=122.35
境界未定=なし
人口=13,003
人口の時点=平成15年3月1日
隣接自治体=布施村 (島根県隠岐郡) 布施村、五箇村 (島根県) 五箇村、都万村
シンボル名=
鳥など=
郵便番号=685-8585

西郷局
西郷局(さいごうのつぼね、永禄5年(1562年) - 天正17年5月19日 (旧暦) 5月19日(1589年7月1日))は戦国時代 (日本) 戦国時代・安土桃山時代の女性。西郷正勝の外孫。叔父・西郷清員の養女。じつは、戸塚忠春の娘という。通称、お愛の方。徳川家康の側室として知られる。最愛の側室だったとも言われている。院号は竜泉院、宝台院。
西郷氏とは、九州の名門菊池氏の一門。彼女に縁ある西郷氏は、三河国へ移住した者の末裔と伝えられている。外祖父・西郷正勝の頃には、三河での影響力は皆無に等しく、今川義元の傘下で命脈を保っているに過ぎなかった。母は、今川氏の命であろうか、遠江国の戸塚忠春に嫁している。
成長して最初の夫に嫁したものの、先立たれて寡婦となっていた。そこを、同じく正室に先立たれた従兄・西郷義勝の継室に望まれたという。その義勝との間に一男一女を授かっている。または義勝が最初の夫であるとも言われる。

西郷泰之
西郷 泰之(さいごう やすゆき、1972年8月30日 - )は、日本の元社会人野球選手(内野手主に一塁手、左投げ左打ち)である。 東京都出身。練馬リトルシニアから日本学園高校卒業後、三菱自動車川崎(後・三菱ふそう川崎)に入社。持ち前のパンチ力で入社すぐにレギュラーを獲得。徐々に他チームの脅威の的となり、1995年に初めて日本代表入りすると、日本代表チームでも中核を打って社会人野球を代表するスラッガーとなり、現役最多の日本代表キャリア18を誇る。30代に入ってもその強打は衰えることなく、2007年の第78回都市対抗野球大会では東芝に補強されて全試合で4番を任されて3本塁打を放ち(8打点)、打撃賞を獲得した。なお、都市対抗野球大会での個人通算ホームラン数14本は杉山孝一(新日鐵名古屋)と並ぶ大会記録である。 なお、2004年に本社をめぐる不祥事で自チームが1シーズン活動を自粛している間は、秩父市の工場で自動車の修理に従事していた。 三菱ふそう川崎時代は、打席に立つ際に「燃えろ!西郷 エンジン機械課」の横断幕が掲げられた。
西郷頼母
西郷 頼母(さいごう たのも、文政13年閏3月24日(1830年5月16日) - 明治36年(1903年)4月28日)は、江戸時代後期(幕末)の会津藩の家老。諱は近悳(ちかのり)。明治維新後は保科 頼母(ほしな たのも)と改名。号を栖雲、または酔月、晩年は八握髯翁と号した。 会津家老時代 万延元年(1860年)、家督と家老職を継いで藩主・松平容保に仕えた。文久2年(1862年)、幕府から京都守護職就任を要請された容保に対し、政局に巻き込まれる懸念から辞退を進言したために、容保の怒りを買う。その後も、藩の請け負った京都守護の責務に対して否定的な姿勢を覆さず、禁門の変が起きる直前に上京して藩士たちに帰国を説いている。ところが、賛同されずに帰国を強いられ、家老職まで解任された上に、蟄居させられる。この解任理由は、無断上京を咎められたからとされるが定かではない。その後、他の家老たちの間で頼母の罪を赦してはどうかと話し合われてもいる。 明治元年(1868年)、戊辰戦争の勃発によって容保から家老職復帰を許された頼母は、江戸藩邸の後始末の任を終えたのち会津へ帰還する。
西郷清員
西郷 清員(さいごう きよかず、天文 (元号) 天文2年(1533年) − 文禄3年(1594年))は、戦国時代 (日本) 戦国時代の武将。西郷正勝の子。西郷元正の同母弟。通称、孫九郎。初名は吉員。酒井忠次の妹婿。西川城(愛知県豊橋市石巻西川町、豊橋市立西郷小学校 西郷校区)主。
家康の覚えめでたい忠勤ぶりを見せた。
今川氏離反の後、岡崎城 岡崎に人質に出されており、永禄5年(1562年)の五本松陥落時には居なかったともいわれる。父、嫡兄を同時に失った為、徳川家康から西郷氏の家督を継ぐべく命じられたが、頑なに拒み続けた。そして、幼年の甥・西郷義勝への家督相続を認めさせている。その義勝を守り立て、専横の振舞いも無く、ひたすらその陣代として粉骨砕身の働きを示した。そんな清員に感じ入った家康は、酒井忠次の妹との縁談を勧める。

西郷正員
西郷 正員(さいごう まさかず、文禄2年(1593年) − 寛永15年11月14日_(旧暦) 11月14日(1638年12月19日))は、江戸時代初期の大名。安房国東条藩初代藩主。西郷家員の四男。母は西郷義勝の娘。西郷康員の弟。子は西郷延員(長男)、西郷末員(次男)、西郷用員(三男)。通称を孫六郎、官位は若狭守。
文禄2年(1593年)、下総国 下総生実(小弓)にて出生。
慶長18年(1613年)、三兄康員の死去によって家督を継承する。慶長20年(1615年)正月、松平定綱、牧野忠成 (越後長岡藩初代) 牧野忠成、本多忠朝らとともに小田原城を、9月には、松平康長らとともに大久保忠隣の改易に連座した里見忠義の館山城を収公した。元和 (日本) 元和5年(1619年)5月、遠江国久野城の城番役を務めた。これは福島正則の改易不服の場合に備えてのものである。

西郷延員
西郷 延員(さいごう のぶかず、慶長19年(1614年) − 元禄10年4月25日 (旧暦) 4月25日(1697年6月13日))は、江戸時代の大名。安房国 安房東条藩2代藩主。初代藩主西郷正員の長男。正室は能見松平重則の娘、継室は神尾元勝の娘(相馬義胤 (相馬中村藩主) 相馬義胤の娘との説もある)。子に西郷重員(長男)、西郷行員(次男)、西郷氏員(三男)、娘(北条氏平室のち井上某室)、娘(高力通長正室)、娘(西郷寿員正室)、娘(土岐頼殷正室)。
慶長19年(1614年)、下総国 下総生実城 生実にてとして出生。寛永15年(1638年)11月14日 (旧暦) 11月14日、父の死去により家督を相続する。
長男の重員は延宝6年(1678年)7月24日 (旧暦) 7月24日に、次男の行員は寛文9年(1669年)6月20日 (旧暦) 6月20日に、三男の氏員は天和 (日本) 天和元年(1681年)4月2日 (旧暦) 4月2日にそれぞれ死去したため、同母弟の西郷用員の三男万吉(西郷茂員)を養嗣子とするが、元禄元年(1688年)2月11日 (旧暦) 2月11日には茂員を廃嫡とし、代わって大村純長の五男万之丞(西郷寿員)を養嗣子とした。延員は元禄3年(1690年)に隠居。元禄10年(1697年)、84歳で死去した。

西郷正勝
西郷 正勝(さいごう まさかつ、生年不詳 − 永禄5年(1562年))は、戦国時代 (日本) 戦国時代の東三河八名郡の国人領主・武将。西郷正員 (弾正左衛門) 西郷正員の後継。正室は菅沼定村の姉。通称、孫三郎。弾正左衛門。西郷元正・西郷清員兄弟の父。西郷局は外孫。
西郷正員の後継ではあるが、親子なのか、兄弟なのか、明確ではない。
三河国の支配力を強める今川氏に従っていたが、主家からの期待は少なくなかった模様。娘を遠江国の戸塚忠春に嫁がせているのは、今川氏の下命があったものと考えられる。一方で嫡子・孫六郎には、今川義元の一字・元を許されている。
永禄3年(1560年)に桶狭間の戦いで今川氏が大敗すると松平元康(徳川家康)の調略に応じ、設楽貞通・菅沼定盈等の他の東三河国人衆とともに松平氏に転属し、今川氏を見限った。だが、今川氏の勘気は、吉田城 (三河国) 吉田城に捕らわれていた人質・甥の孫四郎正好らに向けられる。そして、東三河諸豪族が差し出していた人質たち13人は、城下の龍拈寺で串刺し刑に処せられた。

西郷寅太郎
西郷 寅太郎(さいごう とらたろう、1866年8月21日(慶応2年7月12日) - 1919年1月1日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍大佐。 経歴・人物 薩摩国鹿児島城下上之園通町で出生。東京俘虜収容所長・習志野俘虜収容所長・貴族院議員等を務める。階級位階勲等功級爵位は陸軍歩兵大佐従三位勲二等功五級侯爵。陸軍大将西郷隆盛の嫡男で、母は糸子。妻は園田実徳の子・信子。元帥海軍大将西郷従道侯爵は叔父にあたる。庶兄の菊次郎は宜蘭支庁郡守、京都市長等を務める。 1877年(明治10年)に父隆盛が戦死する。隆盛は西南戦争の首魁(しゅかい)として官位を褫奪され、一族は鹿児島で密かに暮らしていた。 1884年(明治17年)に吉井友実や勝海舟等の働き掛けが功を奏し、明治天皇の思召しからポツダム陸軍士官学校留学を命ぜられ、13年もの間ドイツで学び、その間プロイセン陸軍少尉となる。帰国後陸軍戸山学校射撃科を経て1892年(明治25年)陸軍少尉に任じられる。1902年(明治35年)6月3日父隆盛の維新の功により侯爵を授かり華族に列せられ、貴族院議員(侯爵議員)に就任する。
西郷村 (宮崎県)
西郷村(さいごうそん)は、宮崎県にあった村で、東臼杵郡に属する。 2006年1月1日、南郷村および北郷村と合併(新設合併)して美郷町となったことから地方公共団体としては消滅し、現在は地域自治区「西郷区」となっている。 地理 村域は九州山地に含まれ、ほとんどが山林である。 1889年5月1日 - 町村制施行に伴い東臼杵郡田代村、小原村、立石村、山三ケ村が合併し西郷村が発足。 1948年4月1日 - 大字山三ケ村の一部を分離し、東臼杵郡南郷村に編入。 2006年1月1日- 東臼杵郡南郷村、北郷村と合併し、町制施行して美郷町となり消滅。 地域 教育 = 小・中学校 = 西郷村立西郷中学校 西郷村立田代小学校 西郷村立小八重小学校 西郷村立山瀬小学校(休校中) 交通 バス路線 宮崎交通 道路 国道327号 国道388号 名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事 石峠レイクランド おせりの滝 御田祭 : 7月第1日曜日 出身有名人 小野葉桜(歌人) 参考文献 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。