imageトレンド検索結果

暖房 - Wikipedia
暖房(だんぼう、煖房とも)は、室内を暖めて温度を上げる行為の総称。 冬の寒冷な
季節に行われる。 日平均気温が10℃以下に下がると、暖房を行う人が多くなる。例えば
東京では、毎年11月下旬頃から翌年3月中頃までが暖房期間とされる。 目次. [非表示].
1 歴史; 2 暖房器具. 2.1 火によるもの; 2.2 ガスエンジン駆動のコンプレッサー運転
によるもの; 2.3 気体の循環によるもの(炎等が同一空間にないもの); 2.4 湯によるもの;
2.5 電気によるもの; 2.6 複数の方法を利用するもの. 3 脚注; 4 関連項目. 歴史[編集].
古くは、 ...
電気代の安い暖房器具を知って暖房費を節約しよう|エネチェンジ
冬の暖房費はできるだけ抑えていきたいものです。パネルヒーター、ファンヒーター、
オイルヒーター、電気ストーブ、エアコン、こたつ、ホットカーペット、電気毛布、電気
ひざ掛けなど様々な暖房器具から特徴別に比較し、電気代の安い暖房器具をご紹介し
ています。
Amazon.co.jp: 暖房器具の選び方ガイド
使用する用途や場所によって、適切な暖房器具は変わってきます。この選び方ガイドを
参考に、数ある暖房器具の中から目的に合った寒さ対策にご活用ください。
ビックカメラ.com | 暖房器具 通販
暖房器具の通販ならビックカメラ.com。おすすめの電気ストーブ、ファンヒーター、ホット
カーペット、電気毛布などの暖房器具を豊富に品揃え。人気商品はランキング・口コミで
チェック。価格やスペックでの比較もできます。基本10%ポイントサービス、日本全国、
全品送料無料。
北海道地域暖房株式会社
札幌市厚別地区・真駒内地区。地域暖房・地域熱供給。利用、料金案内、供給地区、
会社概要、熱製造・供給設備の情報。
ビックカメラ | 種類別 おすすめ暖房器具
暖房器具を買うならビックカメラ!ビックカメラでは人気のダイソンやデロンギなど各種
メーカーの暖房器具を品数豊富に取り扱っています。基本10%ポイントサービス、日本
全国、全品送料無料。
エアコン「暖房に不向き」はウソ 正しく使い最強の省エネ :日本経済新聞
2015年1月4日 ... エアコンが暖房に向かないと思っている人は少なくない。もし、あなたが「省エネ」のため
にエアコンよりも電気ヒーターや電気カーペットを使っているとしたら、それは明らかに
判断を誤っている。最終回は、東京大学.
東京ガス : パッチョのゆる~くいこう! 6話「床暖房」篇
パッチョがくらしに役立つ情報を、ゆる~くご紹介します。
暖房で快適.com ~暖房器具を比較して快適生活へ!~
「床暖房で快適.com」では、暖房器具ご検討されている方のために、さまざまな暖房
器具を徹底比較。エアコン・石油ストーブ・ホットカーペット・床暖房など全てのメリット・
デメリット・価格費用について、比べてわかるホットな情報をお届け! 自分にあった暖房
をしっかり選びたい方におすすめの情報が満載です。
暖房器具特集
おしゃれな暖炉型ヒーターや加湿器、便利なホットカーペットなど、秋冬のおすすめ家電
をご紹介。

暖房
暖房(だんぼう、煖房とも)は、室内を暖めて温度を上げる行為の総称。 冬の寒冷な季節に行われる。 日平均気温が10℃以下に下がると、暖房を行う人が多くなる。例えば東京では、毎年11月下旬頃から翌年3月中頃までが暖房期間とされる。 古くは、古代ローマでハイポコーストが用いられていた。中国東北部にも似た方式のオンドルがあり、いずれも火で暖めた空気を床下に通すことで暖房を行っていた。 1700年代中ごろには、イギリスで蒸気暖房が初めて使われた。1800年代後半になると、アメリカで鋳鉄製ボイラーが製造され、暖房技術の発展が進んだ。 日本では明治時代以降、様々な方式のストーブが製造されたが、寒冷地を除いて住宅の気密性が低いことから、一般家庭では火鉢やこたつが使われ続けた。部屋全体を暖める暖房器具が普及するのは、第二次世界大戦後のことである。ただ、現代の日本でも、寒冷地以外の地域では、こたつや電気あんかなどの局所暖房のみを使い、主に厚着でしのぐことで、部屋全体を暖める暖房を使わない人も多い。
暖房車
暖房車(だんぼうしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)などに存在した鉄道車両(客車)の一つ。蒸気暖房用の蒸気を発生させるためのボイラーを積んだ車両のことで、事業用車扱いであった。 電車や気動車などのような独自の暖房装置を搭載していなかった、客車列車の場合、蒸気機関車が動力源として作り出した蒸気の一部を配管を通じて客車に流すことで暖房にしていたが、稼働しても蒸気が発生しない電気機関車・ディーゼル機関車が牽引する列車ではそれができないことから、冬場には蒸気を供給する暖房車が連結された。燃料には石炭を使っており、そのため電化路線でも冬にはトンネル通過の際に窓を開けていると、暖房車から出る煤が入ってくる事があった。 日本におけるこの車種の起源は、信越本線横川駅 - 軽井沢駅間の碓氷峠で使用されていた歯車車の一部(7両)に、1921年から1923年にかけて暖房用ボイラーを設置したことである。同区間では、1912年の電化によって電気機関車が使用されていたが、1921年には電気機関車による運転のみとなり、短区間とはいえ運転に1時間以上を要し、冬季の寒さも厳しかったことから暖房なしというわけにいかなかったのである。
暖房器具
『暖房』より : 暖房(だんぼう、煖房とも)は、室内を暖めて温度を上げる行為の総称。 冬の寒冷な季節に行われる。 日平均気温が10℃以下に下がると、暖房を行う人が多くなる。例えば東京では、毎年11月下旬頃から翌年3月中頃までが暖房期間とされる。 古くは、古代ローマでハイポコーストが用いられていた。中国東北部にも似た方式のオンドルがあり、いずれも火で暖めた空気を床下に通すことで暖房を行っていた。 1700年代中ごろには、イギリスで蒸気暖房が初めて使われた。1800年代後半になると、アメリカで鋳鉄製ボイラーが製造され、暖房技術の発展が進んだ。 日本では明治時代以降、様々な方式のストーブが製造されたが、寒冷地を除いて住宅の気密性が低いことから、一般家庭では火鉢やこたつが使われ続けた。部屋全体を暖める暖房器具が普及するのは、第二次世界大戦後のことである。ただ、現代の日本でも、寒冷地以外の地域では、こたつや電気あんかなどの局所暖房のみを使い、主に厚着でしのぐことで、部屋全体を暖める暖房を使わない人も多い。
暖房機器
『暖房』より : 暖房(だんぼう、煖房とも)は、室内を暖めて温度を上げる行為の総称。 冬の寒冷な季節に行われる。 日平均気温が10℃以下に下がると、暖房を行う人が多くなる。例えば東京では、毎年11月下旬頃から翌年3月中頃までが暖房期間とされる。 古くは、古代ローマでハイポコーストが用いられていた。中国東北部にも似た方式のオンドルがあり、いずれも火で暖めた空気を床下に通すことで暖房を行っていた。 1700年代中ごろには、イギリスで蒸気暖房が初めて使われた。1800年代後半になると、アメリカで鋳鉄製ボイラーが製造され、暖房技術の発展が進んだ。 日本では明治時代以降、様々な方式のストーブが製造されたが、寒冷地を除いて住宅の気密性が低いことから、一般家庭では火鉢やこたつが使われ続けた。部屋全体を暖める暖房器具が普及するのは、第二次世界大戦後のことである。ただ、現代の日本でも、寒冷地以外の地域では、こたつや電気あんかなどの局所暖房のみを使い、主に厚着でしのぐことで、部屋全体を暖める暖房を使わない人も多い。
暖房用機器
『暖房』より : 暖房(だんぼう、煖房とも)は、室内を暖めて温度を上げる行為の総称。 冬の寒冷な季節に行われる。 日平均気温が10℃以下に下がると、暖房を行う人が多くなる。例えば東京では、毎年11月下旬頃から翌年3月中頃までが暖房期間とされる。 古くは、古代ローマでハイポコーストが用いられていた。中国東北部にも似た方式のオンドルがあり、いずれも火で暖めた空気を床下に通すことで暖房を行っていた。 1700年代中ごろには、イギリスで蒸気暖房が初めて使われた。1800年代後半になると、アメリカで鋳鉄製ボイラーが製造され、暖房技術の発展が進んだ。 日本では明治時代以降、様々な方式のストーブが製造されたが、寒冷地を除いて住宅の気密性が低いことから、一般家庭では火鉢やこたつが使われ続けた。部屋全体を暖める暖房器具が普及するのは、第二次世界大戦後のことである。ただ、現代の日本でも、寒冷地以外の地域では、こたつや電気あんかなどの局所暖房のみを使い、主に厚着でしのぐことで、部屋全体を暖める暖房を使わない人も多い。