imageトレンド検索結果


暖房
暖房(だんぼう、煖房とも)は、室内を暖めて温度を上げる行為の総称。 冬の寒冷な季節に行われる。 日平均気温が10℃以下に下がると、暖房を行う人が多くなる。例えば東京では、毎年11月下旬頃から翌年3月中頃までが暖房期間とされる。 古くは、古代ローマでハイポコーストが用いられていた。中国東北部にも似た方式のオンドルがあり、いずれも火で暖めた空気を床下に通すことで暖房を行っていた。 1700年代中ごろには、イギリスで蒸気暖房が初めて使われた。1800年代後半になると、アメリカで鋳鉄製ボイラーが製造され、暖房技術の発展が進んだ。 日本では明治時代以降、様々な方式のストーブが製造されたが、寒冷地を除いて住宅の気密性が低いことから、一般家庭では火鉢やこたつが使われ続けた。部屋全体を暖める暖房器具が普及するのは、第二次世界大戦後のことである。ただ、現代の日本でも、寒冷地以外の地域では、こたつや電気あんかなどの局所暖房のみを使い、主に厚着でしのぐことで、部屋全体を暖める暖房を使わない人も多い。
暖房車
暖房車(だんぼうしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)などに存在した鉄道車両(客車)の一つ。蒸気暖房用の蒸気を発生させるためのボイラーを積んだ車両のことで、事業用車扱いであった。 電車や気動車などのような独自の暖房装置を搭載していなかった、客車列車の場合、蒸気機関車が動力源として作り出した蒸気の一部を配管を通じて客車に流すことで暖房にしていたが、稼働しても蒸気が発生しない電気機関車・ディーゼル機関車が牽引する列車ではそれができないことから、冬場には蒸気を供給する暖房車が連結された。燃料には石炭を使っており、そのため電化路線でも冬にはトンネル通過の際に窓を開けていると、暖房車から出る煤が入ってくる事があった。 日本におけるこの車種の起源は、信越本線横川駅 - 軽井沢駅間の碓氷峠で使用されていた歯車車の一部(7両)に、1921年から1923年にかけて暖房用ボイラーを設置したことである。同区間では、1912年の電化によって電気機関車が使用されていたが、1921年には電気機関車による運転のみとなり、短区間とはいえ運転に1時間以上を要し、冬季の寒さも厳しかったことから暖房なしというわけにいかなかったのである。
暖房器具
『暖房』より : 暖房(だんぼう、煖房とも)は、室内を暖めて温度を上げる行為の総称。 冬の寒冷な季節に行われる。 日平均気温が10℃以下に下がると、暖房を行う人が多くなる。例えば東京では、毎年11月下旬頃から翌年3月中頃までが暖房期間とされる。 古くは、古代ローマでハイポコーストが用いられていた。中国東北部にも似た方式のオンドルがあり、いずれも火で暖めた空気を床下に通すことで暖房を行っていた。 1700年代中ごろには、イギリスで蒸気暖房が初めて使われた。1800年代後半になると、アメリカで鋳鉄製ボイラーが製造され、暖房技術の発展が進んだ。 日本では明治時代以降、様々な方式のストーブが製造されたが、寒冷地を除いて住宅の気密性が低いことから、一般家庭では火鉢やこたつが使われ続けた。部屋全体を暖める暖房器具が普及するのは、第二次世界大戦後のことである。ただ、現代の日本でも、寒冷地以外の地域では、こたつや電気あんかなどの局所暖房のみを使い、主に厚着でしのぐことで、部屋全体を暖める暖房を使わない人も多い。
暖房機器
『暖房』より : 暖房(だんぼう、煖房とも)は、室内を暖めて温度を上げる行為の総称。 冬の寒冷な季節に行われる。 日平均気温が10℃以下に下がると、暖房を行う人が多くなる。例えば東京では、毎年11月下旬頃から翌年3月中頃までが暖房期間とされる。 古くは、古代ローマでハイポコーストが用いられていた。中国東北部にも似た方式のオンドルがあり、いずれも火で暖めた空気を床下に通すことで暖房を行っていた。 1700年代中ごろには、イギリスで蒸気暖房が初めて使われた。1800年代後半になると、アメリカで鋳鉄製ボイラーが製造され、暖房技術の発展が進んだ。 日本では明治時代以降、様々な方式のストーブが製造されたが、寒冷地を除いて住宅の気密性が低いことから、一般家庭では火鉢やこたつが使われ続けた。部屋全体を暖める暖房器具が普及するのは、第二次世界大戦後のことである。ただ、現代の日本でも、寒冷地以外の地域では、こたつや電気あんかなどの局所暖房のみを使い、主に厚着でしのぐことで、部屋全体を暖める暖房を使わない人も多い。
暖房用機器
『暖房』より : 暖房(だんぼう、煖房とも)は、室内を暖めて温度を上げる行為の総称。 冬の寒冷な季節に行われる。 日平均気温が10℃以下に下がると、暖房を行う人が多くなる。例えば東京では、毎年11月下旬頃から翌年3月中頃までが暖房期間とされる。 古くは、古代ローマでハイポコーストが用いられていた。中国東北部にも似た方式のオンドルがあり、いずれも火で暖めた空気を床下に通すことで暖房を行っていた。 1700年代中ごろには、イギリスで蒸気暖房が初めて使われた。1800年代後半になると、アメリカで鋳鉄製ボイラーが製造され、暖房技術の発展が進んだ。 日本では明治時代以降、様々な方式のストーブが製造されたが、寒冷地を除いて住宅の気密性が低いことから、一般家庭では火鉢やこたつが使われ続けた。部屋全体を暖める暖房器具が普及するのは、第二次世界大戦後のことである。ただ、現代の日本でも、寒冷地以外の地域では、こたつや電気あんかなどの局所暖房のみを使い、主に厚着でしのぐことで、部屋全体を暖める暖房を使わない人も多い。