imageトレンド検索結果


寒風山トンネル
寒風山トンネル(かんぷうざんトンネル)は、国道194号の高知県いの町と愛媛県西条市との間の寒風山の下を貫くトンネルである。四国最長の道路トンネルでもあり、無料で通れる道路トンネルとしては2012年3月24日に開通したあつみトンネルが完成するまで日本最長であった。あつみトンネル開通後も、無料で通れる一般道路の道路トンネルとしては引き続き日本一である。 沿革 昭和53年(1978年)4月 - 建設省(現国土交通省)の直轄事業として着手された。 昭和56年(1981年)9月 - 愛媛県側で工事用道路の工事着手。 昭和57年(1982年)10月5日 - 愛媛県側で工事用道路で大規模地すべり発生(幅約100m、長さ約200m、推定崩壊土量10万m3)。 昭和61年(1986年) - ルート変更後、工事用道路の工事に着手。 昭和63年(1988年)10月 - 建設省(現国土交通省)の直轄事業として本体工事が開始された。 平成元年(1989年)2月 - 愛媛県側作業坑の掘削工事に着手。 平成2年(1990年)1月 - 愛媛県側本坑の掘削工事に着手。