imageトレンド検索結果


問題解決
問題解決(英語:problem solving)とは、問題を解決する、すなわち解を発見することであり、思考の一部分である。すべての知的な機能の中で最も複雑な思考であり、高次元の要求の認識と定義されている。それには、より筋道の立った手順及び基礎的な知識の操作、調節が必要となる (Goldstein & Levin, 1987)。
問題解決は、生命体か人工知能のシステムが、任意の状態(given state)から、自らが望む目標(goal)への進み方の知識を持ち合わせていないときに発生する。
問題の発見と問題の形成を含む大きな問題処理のうちの一部分をなす。
人間の問題解決は心理学者によって過去1世紀以上研究されてきた。問題解決にはいくつかの方法がある、例えば、内観、行動主義、シミュレーション、シミュレーション#コンピュータによるシミュレーション コンピュータ・シミュレーション、そして実験である。

問題解決学習
問題解決学習法(もんだいかいけつがくしゅう、Problem-Solving-Learning。または「課題解決型学習 PBL、Project-Based Learning」)とは、アメリカの教育学者のジョン・デューイの学習理論。学習を能動的なものと規定し、知識の暗記にみられる受動的なものを脱却し、自ら問題を発見し解決していく能力を身につけていくことに本質をもとめた。 デューイは、マックマスター大学の付属の実験学校において、社会科の授業の中で初めて「問題解決学習」を試みた。教師が予め準備した授業案に従って学習するのではなく、与えられたテーマ(たとえば「私たちの町」というテーマ)について、個々の生徒が平素、疑問に思っていることについて、それぞれそれはどうしてだろう?と考え、その仮説が理にかなうかどうか、自分たちの足や頭、インタビューや実地調査をして確認していく。
問題解決環境
問題解決環境(もんだいかいけつかんきょう、Problem Solving Environment)とは、コンピュータやソフトウェアを使用するにあたり、特別の知識やスキルがなくとも利用できる「人にやさしいコンピュータのハードウェアおよびソフトウェアの環境を構築し、提供すること」を目的とする、シミュレーション科学・計算機科学における新しい学問領域である。 具体的には、シミュレーションコード作成支援システムや可視化支援システムなどによって研究者を支援する。近年、ネットワークを利用した分散システムについても研究されている。