imageトレンド検索結果


おみくじ
おみくじ(御神籤・御御籤・御仏籤またはみくじ・神籤・御籤・仏籤)とは神社・仏閣等で吉凶を占うために引く籤である。「みくじ」は「くじ」に尊敬の接頭辞「み」をくわえたもので、漢字で書くときは「御籤」とするか、神社のものは「神籤」、寺のものは「仏籤」とする。ただし厳密には問題があるが、区別せず「神籤」とすることもある。現在ではみくじ箋(みくじ紙)と呼ばれる紙片を用いるものが一般的である。 古代においては国の祭政に関する重要な事項や後継者を選ぶ際に神の意志を占うために籤引きをすることがあり、これが現在の神籤の起源とされている。多くの神社仏閣でみられる現在のおみくじの原型は元三慈恵大師良源上人(912~985)の創始とされている。現在の神籤は参詣者が個人の吉凶を佔うために行われるもので、これは鎌倉時代初期から行われるようになった。当時は自分で籤を用意するのが一般的であった。 みくじ箋 奉製 現在、おみくじの7割近くは女子道社(山口県周南市)によって奉製され、英語版は外国人観光客向け等に日本国内の寺社に奉製されるほかハワイなど日本国外への輸出も行われているが、各神社寺院独自で奉製しているところもある。
おみくじ小吉のラジオユートピア
『エフエム会津』より : 株式会社エフエム会津(エフエムあいづ)は、福島県会津若松市の一部地域を放送区域として超短波放送(FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。 FM愛'Sの愛称でコミュニティ放送をしている。 全日24時間放送である。2013年(平成25年)3月31日までは、5:30~27:00(月~金)、5:00~26:00(土)、6:00~25:00(日)であった。 地域番組とMUSIC BIRDの再送信をあわせた番組構成。かつてはJ-WAVEの再送信をしていたが、2013年3月31日17時に終了した。 サイマル放送は、J-WAVEの再送信を行っていた時代は自主制作番組などの一部の時間帯のみ実施していたが、MUSIC BIRDの再送出に変更後は24時間実施するようになった。 番組と番組の間の広告枠(ステーションブレイク)がない。 2011年(平成23年)2月14日よりサイマルラジオを利用したインターネット配信を開始した。 代表的な番組 朝ナビ!スクエア 月~金曜日の7:30~9:00に放送されている、朝の情報番組。